特別の寄与制度

平成30年7月の民法改正で、たとえば既に亡くなっている長男の妻が、被相続人に甲斐甲斐しく介護を行っていた場合、今までは相続権を主張できませんでしたが、今後は、残った相続人に対し、金銭の要求ができるようになりました。
具体的に、いくら請求できるかという点は、平成32年7月までの施行日までには、明確になると思います。
但し、この制度は、その妻が相続人になるということではありません。


サブコンテンツ

このページの先頭へ